検査のお仕事で目が疲れます。目の疲れ対策を教えてください。

ヘルスケア(健康管理・ダイエット)

この記事を書いたのは

検査のお仕事は、製品に傷や汚れなどの不備がないかチェックするお仕事です。ほとんどの製品は、検査の工程を経て市場に出ます。そのため、多くの工場では検査のお仕事が欠かせません。
工場でお仕事をしている方の中にも検査のお仕事に関わっているという方は、たくさんいらっしゃるかと思います。

検査の方法によっては、目をよく使う業務もあり目の疲れを感じてしまうと言う方もいらっしゃいます。
そこで今回は、目の疲れに悩む方に向けて原因や対策などをご紹介します。

目の疲れの原因

目の疲れの原因は病気やストレスなど様々だと言われています。今回は検査のお仕事によって起こる可能性がある、目の疲れについてお伝えします。

目の筋肉疲労が原因による目の疲れ

検査のお仕事の場合、モノを同じ距離で見続けることが多いです。その際モノとの焦点を合わせるため、目の筋肉が収縮します。検査のお仕事をする時は、眼球が同じ位置から動かない状態が長時間続くことがよくあります。そのため、目の筋肉も長時間収縮した状態となり、目の疲れの原因になってしまうことがあります。

目の乾きが原因による目の疲れ

同じモノを見続ける場合、まばたきの回数が少なくなる傾向にあるそうです。そのため、目が乾き眼球に潤いがなくなります。涙には乾燥防止・洗浄・殺菌・栄養補給などの役割がありますが、これらの働きが低下することで、目が疲れやすくなると言われています。

出典:
参天製薬株式会社「疲れ目(目の疲れ)の原因
株式会社三和化学研究所「目と健康シリーズ 特集:28.眼精疲労

目の疲れ対策・解消法

目の疲れは、事前に対策をし、上手に疲れを解消することによって、軽減されることもあります。

目の病気ではないか確認しましょう

まずは、眼の疲労の背後になにか病気が隠れていないか病院で受診してみることをおすすめします。ドライアイや白内障・緑内障、眼瞼下垂など目の疲労を引き起こす病気はいくつかあります。
しっかりと治療を行うことにより、目の疲れが改善されることもあるでしょう。

コンタクトレンズや眼鏡の度数をチェックしましょう

最近ではコンタクトレンズもネット通販で購入できるようになりました。そのため、眼科で目の状態をチェックしてもらうことなくコンタクトレンズを購入する方も増えているようです。そのため、今の自分の目に合わない度数のコンタクトレンズを購入してしまう可能性も高まることとなりました。
また何年も前の眼鏡を使い続けている方も多いのではないでしょうか。

コンタクトレンズや眼鏡を使用している方は、今の目の状態に合ったものなのか、定期的に眼科や眼鏡ショップなどで確認するようにしてくださいね。目に合ったコンタクトレンズや眼鏡を使用することで、目の負担を軽くすることができるかもしれません。

目を休ませる時間を作る

長時間同じ姿勢で目を使い続けると、目の筋肉の緊張が続き疲れの原因となってしまいます。意識的に瞬きをしたり、休憩中は目を閉じて目を休めるだけでも目の疲れの度合いが変わってくるかもしれません。
睡眠を十分にとることも大切です。睡眠をしっかり取ることにより、身体はもちろん目を休ませることができます。

目の疲れが気になる方は、そのままにせずなるべく早く病院で受診をしたり、対策をおこなうようにしてくださいね。

目の疲れを軽減するケアグッズや食品

私たちの生活は、スマートフォンやパソコンの多用、エアコンの使用など、目に負担がかかってしまう環境であることが多々あります。
そんな時は自宅で気軽に目の疲れを軽減してくれるケアグッズを使用してみてはいかがでしょうか。

  • 温感タイプのアイマスク
    目をあたためてあげると血流が良くなり目の筋肉の緊張がほぐれ、疲れが軽減される効果が期待できます。
  • ツボ押し
    短時間でリフレッシュしたい場合は、どこでも簡単にできる、ツボ押しを試してみるのも良いかもしれません。目の疲れに効くツボはいくつかあります。ネット上でもすぐに調べることができますよ。
  • 目に良い食品を意識して摂取する
    豚肉、豆類に多く含まれるビタミンB1や、レバー、納豆、サバ、サンマなどに含まれるB2は、摂取することで疲れ目に効果的だと言われています。またアントシアニンを多く含むブルーベリーも目の機能向上に関係していると言われています。目の疲れが気になる方は意識して摂取してみてはいかがでしょうか。出典:
    東洋経済新報社「3時間睡眠でも毎日元気な人」の超簡単な習慣
    参天製薬株式会社「疲れ目を防ぐ3つのコツ

もちろん食事や対処療法だけでなく十分な睡眠や、暖かいお風呂で疲れを取るなど日々の生活スタイルも目の疲れ予防にはとても大切なことです。「ただの目の疲れ」などと軽く考えず、目の疲れを溜めないよう日々の生活習慣を整えることを意識してくださいね。

まとめ

検査のお仕事で目が疲れます。目の疲れ対策を教えてください。

検査のお仕事は、モノを同じ距離で見続けます。そのため、比較的長い時間、目の筋肉が収縮し緊張した状態になります。そのため、目の疲れを感じることがあります。目の疲れの対策は主に下記の3つ。

  • 目の病気の有無の確認
  • 度数の合ったコンタクトレンズや眼鏡の使用
  • 目を休ませる時間を作る
目の疲れの原因は様々ですが、まずはお仕事由来の目の疲れなのか、病気や使用しているコンタクトレンズや眼鏡の度数が原因なのか早めに確認するようにしましょう。
またお仕事で目が疲れる場合は、適切にケアすることが大切です。家でも簡単にケアできるグッズも販売されています。上手に活用することで目の疲れが軽減されることもあるかもしれません。

NJ
目の疲れは、ストレスや身体の疲れが原因であることも多々あります。健康的な生活が送るためにも、毎日の十分な睡眠とバランスの取れた食事を心がけることも意識するようにしてくださいね。

当社でのお仕事探しは・・・

工場お仕事サーチ
https://job.persol-factorypartners.co.jp/
お電話でのご応募・ご相談

平日9時~19時、日祝10時~17時(土曜は休業)
フリーコール:0120-498-314


2分で知るパーソル パナソニック ファクトリーパートナーズ

当社が工場派遣で選ばれる3つの理由を解説!
詳しくはこちら

動画選考のご案内

自動り動画とプロフィールを登録するだけで、いつでもどこからでも来場不要で選考に進むことができる「動画選考」を実施しています!

↓↓ 詳細はこちらをクリック ↓↓

PPFA職場インタビューについて

当社の事業所の所長や実際に職場で働いているスタッフの方に、応募者様からよくある質問を聞いてみました! 各エリアで働くスタッフの生の声を記載しているので、ぜひご参考にしてください!

↓↓ 詳細はこちらをクリック ↓↓

パーソル パナソニック ファクトリーパートナーズ職場インタビュー